おならの危険性:腸性鼓腸

スポンサードリンク
あなたがおならの頻発で悩んでいるのなら、まず間違いなく「腸性鼓腸」という症状におちいっています。


腸性鼓腸とは 「消化管内に大量のガスがたまり、腸のまわりの腹膜が大きく引きのばされ、その結果、外見上腹部がふくらんで見える状態」のことをいいます。


「腹部膨満感」といういわれかたもします。


あなたも心当たりがあるでしょう?

この腸性鼓腸は神経症などによる空気を飲み込む量の増加(呑気症)、ガスの排出を妨げる炎症などがある、ぜん動運動の低下、腸内ガスの発生が多い、腸内ガスが吸収されないなどの原因によって起こります。


あなたはすでにこの状態にいるわけです。そして「おなら」を我慢する行為によってこの病的な状態を維持することになるのです。


これはとっても危険なことです。


なぜなら腸性鼓腸は、大きな病の前段階といえるものだからです。

edit