おなら撃退策:入浴を有効なものにする

スポンサードリンク
「おなら」の原因となる「ストレス」を和らげる方法として

入浴はとても有効な手段!

ではどうやってうまく入浴するかについて考えてみましょう。


まず、入浴は「オンタイム」と「オフタイム」を切り替える絶好のチャンス。


一日の汚れを落とし、湯船でリラックスしてから、パジャマに着替えると気分までリセットできます。


しかし、お風呂の効用は、「汚れを落とすこと」と「リフレッシュ」だけではありません。


浴槽に入ると次の三つの効果が得られます。

・静水圧

お風呂に入ると水面からの深さに応じて水圧がからだにかかり、胃腸などの筋肉に適度な圧力がかかります。 この圧力により血液やリンパ液の流れが良くなり、体にたまった疲れを取り除くことができます。 水圧マッサージといったところでしょうか。 ただし首までつかると心臓への影響が大きいため、胸から上は出しておくほうが無難です。


・浮力

浴槽の中では浮力が効いてからだが軽く感じます。 このことにより、1日背負っていた体の重さから開放され気分的にも体的にもリラックスできます。


・温熱

あたたかい湯は交感神経に働きかけ、血液の循環をよくし、疲労物質を取り除く効果があります。


また、適度な発汗により自律神経のバランスもよくなります。 ゆえに、身体的な疲れには少し熱めの湯につかるととりやすいといわれます。


気持ちを引き締めて活動をはじめるときには、熱めのお湯に短時間、あるいは熱いシャワーを浴びると効果的です。


交感神経がなおいっそう働き、心身ともに「やるぞ~~!」といった状態になれます。


おなかが冷え気味の人は、少しぬるめのお風呂にゆっくりつかると、じんわりおなかがあたたかくなります。


「ストレス」がたまっているなど精神的に疲れているときには、少しぬるめの38℃~40℃くらいのお風呂にゆっくりつかるのがよいです。


ぬるめのお湯につかることにより副交感神経働き、体を休ませる効果が発生します。


これにより心身ともにリラックスの状態にひたれます。自律神経系が安定し、イライラやクヨクヨなどの気分が鎮まるでしょう。


以上、「静水圧」、「浮力」、「温熱」が入浴の三大効果です。よく理解しておきましょう!!


また「おなら」で悩むあなたにとってさまざまな入浴方法があります。


一般的にも広まっている、ゆずやみかん、レモンなどの薬湯、またハーブ湯などは香りもよく保湿効果も高まるので、よりいっそうリラックスを促進させ、悪の根源である「ストレス」を追い払うのに効果的です。


また、いまではお風呂に入らなくても気軽に足湯気分に浸れて、健康を促進させるものもあります。


いろいろ試してみて、入浴をあなたのためにうまく使ってみましょう!(カラスの行水は、この際やめちゃいましょう。。笑)

edit